‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

脱毛・除毛・抑毛の違いとは

2014/11/28

ムダ毛の処理は今や常識化しつつあります。一度に広範囲のムダ毛を処理できることから、カミソリや毛抜きを使った自己処理をしている人が多いようです。しかし、肌へ与えるダメージは相当なもので、肌荒れや黒ずみ、埋もれ毛の原因となることもしばしばあるのです。そんなムダ毛の処理方法には、毛を毛根から抜いてしまうのが脱毛で一般的ですが、それ以外にも除毛、抑毛などありますが、これらの違いは何でしょうか。

まずは除毛とは、見えている毛を除く方法です。カミソリでの処理もこれに当たりますし、クリームなどもあります。毛根は処理しないので、すぐにまた毛が生えてきてしまいますが、手軽に行える方法です。
一方抑毛とは、生えてくる毛を抑制する方法です。具体的には、豆乳などの成分が含まれたローションなどで、生えてくる毛を抑制します。除毛後に使い、生えてくる毛を細く弱いものにするのが一般的な使い方のようです。

このようにムダ毛処理にはいくつかの方法があり、それぞれに一長一短があるので、様々なシーンに合わせて使い分けるのがいいでしょう。しかし、毛根から根本的に処理したいなら、エステやクリニックでの光を使った方法がベストです。毛の元である毛母細胞をやっつけることで、毛を生えてこなくすることが可能だからです。

毛の生える仕組みとは

2014/11/28

waki300日々のムダ毛処理は美の観点からいっても欠かせないものです。しかし無闇やたらに処理するのではなく、生える仕組みを理解してから臨むとより効率よく処理にあたれることでしょう。

 

まず全ての根本となるのが細胞の存在です。この部分が細胞分裂を繰り返すことによって伸びはじめ、特に成長期になると近くを通る血管から十分に栄養分を補充することによって細胞分裂の頻度が増し、その成長は10日間で5ミリほどに至ります。3、4ヶ月かけて一度抜け落ちてしまってもその後からまた次が待機しているなど、ひっきりなしの状態が続くことになります。

 

そして伸び始めて3、4年が経つと退行期を迎えます。こうなると細胞との連続性が途切れ、抜け落ちていってしまいます。そうしていつしか休止期となりしばらく新たなものが生えてこない状態が続くこととなります。しかしこの状態はあくまでお休みの時間なのであって、しばらくするとまた細胞分裂がはじまり、再び成長期が訪れます。いわばこのサイクルによって間断なく維持しているのです。

 

ですから、これらを払拭するにあたっては一本ずつ引き抜いても全く意味はなく、細胞部分を破壊して生える仕組みそのものを断つことが必要となります。レーザーやフラッシュ、そしてニードル施術はいずれもこの細胞を破壊することで大きな効果を獲得しているのです。

 

 

 

ムダ毛処理の基礎知識

2014/11/28

しょっちゅう処理していてもすぐに生えてくるムダ毛。毛周期と呼ばれる毛の生えかわりのサイクルは体の部位ごとに期間が様々で、例えば早いものでは眉毛は約2ヶ月で生えかわります。このサイクルは毛母細胞が皮膚の下で分裂を始めて毛が伸び始めるところから始まり、毛細血管から栄養を取りながら太く長く伸びて皮膚の上に出てきます。

それから毛母細胞の分裂が止まると、毛穴の一番底にある毛乳頭から毛が離れて上へ押し上げられていき最終的に毛穴から抜け落ちるということです。つまり毛は皮膚上に見えているものだけでなく、その下に新しく生えてきているので、剃ったり抜いたりして処理してもすぐに生えてきているように見えるのです。やっかいなムダ毛処理をできるだけしなくてすむようにするには、毛穴の底にある毛乳頭をなくす必要があります。

これがある限り細胞は分裂を繰りかえして新しい毛を生み出していきます。自分で処理するには脱毛クリームやカミソリ、毛抜きが一般的ですが、これでは毛乳頭は残ったままなので、またすぐに新しい毛が生えてきます。そこでレーザー脱毛や光脱毛のように根元から毛乳頭を破壊することで永久的にその部位に毛が生えてこないようにする脱毛方法が一般的になってきました。仕上がりも自己処理よりも綺麗で、頻繁に処理するよりも皮膚へのダメージも低いです。

脱毛ワックス

2014/11/28

脱毛ワックスという言葉は聞いたことがある人は多いと思います。
これは脱毛方法の一種でワックスを肌に塗り、毛とワックスを粘着させて毛根から取り除く方法です。
市販されているものは種類も多く、シート対応のものからジェル状のものまで様々です。
ただ顔の産毛や男性の髭などには適しておらず、それ以外の腕や脇、足などであれば使用できます。

市販されているもの以外にもエステサロンでもこの方法の脱毛は受けることができます。
脱毛後は皮膚に赤みが残る場合がありますが時間と共に治まります。
ただこの脱毛方法は永久脱毛とは異なるものですので、数日もすれば生えてくる場合があります。
ですので何度も繰り返し行う必要があります。

最近では手作りで作ったものを使用する方も多く、砂糖やレモン、はちみつを混ぜて作るそうです。
通常の市販されているものやエステに行くよりもかなり安く作ることができるので、興味のある方はこの手作りワックスはおすすめです。 

手軽にできる脱毛方法ではありますが、人によっては肌にワックスが合わず、かぶれてしまう場合もあるので、市販のものはもちろん、手作りのものを使用する前に必ず自身の肌の状態などもしっかり把握しておくことが大事です。

カミソリと電気シェーバー

2014/11/28

ムダ毛を処理する方法として、カミソリと電気シェーバーを使う方法があります。どちらもご家庭で簡単に利用できるので、使われている方は多いです。どちらの方法でも、肌を削ることになるので、注意が必要です。

biyou01_l

剃刀は刃が直接肌にあたるため、負荷がおおきいです。そのために、お湯であたためたタオルを当てたり、クリームを塗ったりして、抵抗を和らげる作業が必要となり、かなり手間です。そるときも向きに注意する必要があり、油断すると切ってしまいます。特に手の届きにくい、背中や脚の裏などに起きやすいです。良い点もあります。少し技術がいりますが、深剃りをして、剃る時期を遅らせることは可能です。切れなくなったら刃の交換も楽ですし、買い替えることもできます。

 

電気シェーバーの一番の利点は肌への負担がすくないことです。直接あたらないので、傷つく恐れが少ないです。手軽に利用できるので、外出途中でも、処理することも可能です。肌の弱い人には専用のクリームもあるので、抵抗を減らすこともできます。良くないところは、電気で動作するので、コードが邪魔したり、充電でご使用するときには時間がかることです。深剃りも難しいため、肌に押し付けるといためてしまいます。両方式とも道具の管理が重要です。歯がさびたり、ばい菌の付着を防ぐため、手入れをする必要があります。

 

 

自己処理後の保湿ケアはしっかりと

2014/11/28

skincare200ムダ毛が気になってきたら、ほとんどの人がまず自己処理を行うのではないでしょうか。気になった時だけ自分で手軽に行うことができ、カミソリや毛抜きなどの道具は比較的すぐに手に入れられ安価で済ませられます。

 

しかし、自己処理では肌トラブルが起こりやすいのです。何度も刺激を与えることで色素沈着を起こしたり、カミソリで処理をすると皮膚表面も削れて傷がついてしまったり、ブツブツや黒ずみ、さらには埋もれ毛が起こる場合があるのです。肌トラブルが起こるとすぐに治らない場合が多く、場合によっては自分だけの力では改善できない場合があります。

 

このような肌トラブルを避けるためには脱毛後に冷たいタオルで冷やしたり、保湿ケアをしっかりと行うことが大切です。脱毛後の肌は炎症を起こしている状態です。そこに保湿を行うことで肌に潤いを与えたり、傷つけてしまった皮膚を保護することができるのです。ボディ用のジェルやクリームを使用したり、顔用のスキンケア用品を使うこともできます。

 

せっかくきれいにムダ毛を処理しても、肌が傷ついていては意味がありません。そのためには自己処理後にしっかりと保湿ケアをすることで肌トラブルを起こすリスクを減らすことができます。

 

 

 

除法パッドと注意点

2014/11/28

さて、無駄毛の処理には様々な方法がありますが、その中でも手軽かつスタンダードな人気が定着しているもの一つが、除毛パッドでしょう。このムダ毛処理のパッドは別名は除法パッドとも言いますが、自宅で簡単にムダ毛の処理を行なうことが出来る上に、剃り毛などと比べて、肌をスムースかつ新しい毛も濃くならない方法として、一昔前から人気の方法です。

さて、この非常に手軽な除毛パッドですが、この方法を使用する際の注意点はどのようなところにあるでしょうか。一般にこの方法でムダ毛を処理する際はさほど大きな心配は入りませんが、敏感肌の人がパッドで肌をこすりすぎてしまった際などに、擦過傷のような症状を引き起こしてしまうケースがあるようです。また敏感肌でアレルギーがある人なども、この除毛パッドを使用したことにより肌のアレルギー症状を引き起こしてしまうことがまれにあるようです。

ですので、もしあなたが敏感肌でアレルギー症状がある体質であり、なおかつこれらの脱毛法を試したいのであれば、まずは肌の目立たない小さいエリアでこの方法を試してみるのがよいでしょう。
その時はくれぐれもこすり過ぎないことが大切です。そして小さいエリアで一度ためした後に一週間ほど経過を観察し、何も無かった際は、その除毛パッドを本格的に使用してみましょう。
これらの方法を試して、美しい素肌を実現してみてくださいね。

毛抜と毛の太さ

2014/11/28

ムダな毛を処理する方法はいくつかあり、その方法は自分で選ぶことができます。自宅でできる一番簡単な方法として毛をピンセットで抜く方法があります。しかし、毛は抜かれることで根の部分が刺激され、その後太くなる可能性があると言われています。
                                       

したがってピンセットで抜くような根の部分を刺激をしてしまう毛抜方法は推奨はされていません。太さを気にしている人では抜く方法ではなく、剃る方法がよいとされています。処理をする方法として自宅で処理をする方法と医療機関で施術を依頼する方法があり、自分でおこなう場合は間違った方法を行うこと根を刺激してしまうだけではなく、皮膚を傷つけてしまうこともあります。
                                                           
したがって正しい方法を知らない人や自信がない人では医療機関で処理をすることがすすめられています。医療機関では知識と技術をもったスタッフが正しい方法で処理をするため根を刺激してしまうこともなく、仕上がりを綺麗な状態にすることができます。
                                                    

大切なことは肌を傷つけず、肌を露出することができるくらいの綺麗な仕上がりにすることです。したがって自信がない人は自分では行わず医療機関やサロンで処理をする方法が最もよいとされています。

無駄毛の押さえどころ

2014/11/28

体の生えている無駄毛は、美しさを保つためには女性にとっては欠かすことのできないボディケアの一つになるのではないではないでしょうか。
どれだけセンスの良い洋服で着飾ったり、アクセサリーを身につけても、下地である肌が美しくなければ、どこか残念な雰囲気すら醸し出してしまいます。

ですからきちんとした処理を施しておきたいものです。
それには闇雲に処理を施すのではなく、部分により処理方法を選ぶということも、抑えどころと言えます。

例えば腕や脇、足なのどの人から見られる部分は、徹底的に処理を施しておきたいものです。
ですから、ある程度の痛みにも耐えられる皮膚の厚さですので、レーザー脱毛での施術を選べば、効率的に毛母細胞を消滅し、施術の効果を早く実感することができるのではないでしょうか。
また近年人気のあるデリケートゾーンの処理においては、非常に丁寧で肌へのダメージを最低限の施術方法を選びたいものです。

それらを考慮するとエステサロンでの施術が好ましいと言えます。
このように、脱毛の処理を施すと言っても、ただ漠然と処理を行うのではなく、部分により毛質の特徴や、肌のデリケートな部分などを考慮して、その上で部分により施術方法を選ぶと言うことも大事な脱毛処理の押さえどころと言えるのです。