ムダ毛処理の基礎知識

しょっちゅう処理していてもすぐに生えてくるムダ毛。毛周期と呼ばれる毛の生えかわりのサイクルは体の部位ごとに期間が様々で、例えば早いものでは眉毛は約2ヶ月で生えかわります。このサイクルは毛母細胞が皮膚の下で分裂を始めて毛が伸び始めるところから始まり、毛細血管から栄養を取りながら太く長く伸びて皮膚の上に出てきます。

それから毛母細胞の分裂が止まると、毛穴の一番底にある毛乳頭から毛が離れて上へ押し上げられていき最終的に毛穴から抜け落ちるということです。つまり毛は皮膚上に見えているものだけでなく、その下に新しく生えてきているので、剃ったり抜いたりして処理してもすぐに生えてきているように見えるのです。やっかいなムダ毛処理をできるだけしなくてすむようにするには、毛穴の底にある毛乳頭をなくす必要があります。

これがある限り細胞は分裂を繰りかえして新しい毛を生み出していきます。自分で処理するには脱毛クリームやカミソリ、毛抜きが一般的ですが、これでは毛乳頭は残ったままなので、またすぐに新しい毛が生えてきます。そこでレーザー脱毛や光脱毛のように根元から毛乳頭を破壊することで永久的にその部位に毛が生えてこないようにする脱毛方法が一般的になってきました。仕上がりも自己処理よりも綺麗で、頻繁に処理するよりも皮膚へのダメージも低いです。

コメントは受け付けていません。